投票
アクセスランキングブログパーツ @nikutyせかんど スク水自由作品コンテスト全記事感想を書いてみる

@nikutyせかんど

 

コマンドー系ニュースサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スク水自由作品コンテスト全記事感想を書いてみる

2011スク水自由作品コンテスト授賞式!(すくぅうみうぎ)
ということで結果発表2作品エントリーした中で1つが銅賞受賞しました。
投票していただいた方も、見ていた方も参加者の方もお疲れ様でしたーーーーっ!!
上記リンク先にすくみうさんの講評と投票した方達のコメントが載っております。

そして俺は去年も同じような感想記事書いたので今年もやろうかなと。
今回は去年はエントリー順とは逆に書いたので今年はリストの上から行きます。ただし自分らの分はあとまわし。pixivに投稿してる方もいらっしゃるので、その方の作品はアカウントない方用にサムネイル貼っておきます。

では行きまーす。

冒険者
・イラスト&テキスト Owataセイバーおるたさん
・コンテスト銅賞受賞
ケモ耳でスク水の少女がかわいいですねー。
そこに添えられてるテキストがその先に何があるんだろうっていう想像力を掻き立てられるのがまたいい。
でも一人でそこに行くのは怖そうってなるのが更にいいなぁ。
イラストは背景までしっかり描いてあるし相当な手間がかかったのではないかと思いました。
Twitter見てもそういうそぶりを全く出してないのがこれまたすごいところ。


水に溶ける想い。

・イラスト 雨森ぎんじさん(pixivアカウントリンク)
イラストが透明感あるのがいいんですが、そこに書かれてる「もう、会わない」と大きく書かれたところにもう一言反対側に小さく添えてあるのが切ない。そしてそのコトバでイラストが映える。
たぶんどっちも本音なんだろうけどでもやっぱ・・・みたいな複雑な感情が伝わりますね。
涙の表現も素敵です。
■関連:おまけ。(pixiv)
雨森ぎんじさんの後日談的イラスト。


わたしスク水 
・イラスト へなぽに香弥さん
・コンテスト銀賞受賞
読んだ瞬間「おおかわいいイラストだなぁ」と思っていたら後半のまさかの下ネタ枠で驚いた&笑った。
まぁ確かに本来の目的とは違うのでスク水ちゃんも叫びたくなるよなぁ。
あと俺の作品が下ネタ枠なので後半見たときは「よっしゃ仲間が増えた!」と思ってすごいホッとしました。
後述のスク水姫もそうですが香弥さんのイラストのテクがこの一年の間に急激に成長してますよね。いやなんかちょっと上から目線でいうのもどうかと思うけど。
意外性と発想に驚きました。すくみうさんのところにある投票コメントも面白いのでぜひ。
■関連:スク水自由作品コンテストの結果発表きたよおおおう(へなぽに)
コンテストの後日談としてエントリ作品の感想載ってます!

にくてつさんの「スク水を使ったえっちな場所に行ってきた」
このコンテストで一番お金使ったのこの人だろうなぁw

ありがとうございます!
電車代含めた旅費入れると約4万円使いました!(白目)
そこも実は俺の作品のツッコミどころの1つなので嬉しいです!


海の森(1)
海の森(2)
海の森(3)
・テキスト 空読すくらっぷ雪央さん
読んだ後、なんというか夏休みに読書感想文の宿題用におすすめされそうな、すごくよくできた小説を読んだような爽やかな気持ちになりました。
ダイビング関連の細かな設定が活きてますねー。
募集期間終わって作品発表があった当初に真っ先に投票しましたしね。
あとこのページを分割してあるのは小説読んでページをめくるような感じを出すためのあえてそういう風にした演出だと思ってるんですがどうでしょうか?
タイトルが後半につながる伏線としてスバラシイ。


No More
・イラスト みりん屋の落書き保管庫みりん屋の人さん
読んだ直後「犯罪じゃねーか!」とツッコンでしまった作品。
俺にはあの2人が連行されていく未来が見えます。
つかじっくり見るとツッコむところ多いよねっていう。
カラーじゃないのは惜しいなぁと思いましたが、
なぜ2人、しかも2人ともスク水着てて持ってるアイテムとそれを使う目的からして着る必然性が全くないってのが笑いどころですね。打ち消し線使ってあるセリフから察すると本人達に全く自覚ないのも吹く。


百萌ちゃんと伝説のスク水
・イラスト&テキスト Tiger Run Page! -とらみみはむはむ-虎の子さん
あーもう百合っていいな!と思いました。
小説を読み進めるたびにニヤニヤが止まらなくなってくるというね。
で、そこ高まった感情がピークに達した時、ちょうどいいタイミングにイラストがあるってのがまた素晴らしいです。
そして前半で触れた伏線が後半につながるストーリー展開はファンタスティック。
小説もイラストも気持ちがすごくこもった作品だと思いました。
■関連:スク水自由作品コンテスト、結果発表!( Tiger Run Page! -とらみみはむはむ-)
こちらに後日談載っております。


スクの水
・テキスト 久水太郎さん
これ、古典落語の「蝦蟇(がま)の油」のパロディですよね。
この演目知ってないと楽しめないかもしれませんが、よく読むとスク水の楽しみ方や小ネタがふんだんに盛り込まれており、テンポのよさもあって読後感のいい作品になっております。
ていうか、どう見てもすくみうさん本人の投稿作品です、本当にありがとうございました。
けっこう気づいてた人いるんじゃないかなぁと思いますが一応そこに触れておかなければと思いまして。
そういう前提ですくみうさんの講評見ると面白いですね。まぁ主催者本人が出て審査に影響とか不公平が出ないようにするのと、あえてバレバレとわかっててやるジョークの一種でしょう、おそらく。
来年もし似たようなコンテストやるとしたら、俺は久水太郎さんとコンビ組んで久水さんがテキスト、俺がイラスト書いて出るのですくみうさんは久水太郎さんにアポイント取っておいてほしいですね。


学生用水着から見るオタク的感情と性的感情の差異についての考察 又は、アンチ寄りな立場から始めるスク水かけ論
・テキスト こんぷれいんつ・ぶろぐ(試験運転中)件さん
・コンテスト銅賞受賞
スク水についての考察をVNI(バーチャルネットアイドルの略。「中の人」が女の子のアイドルを設定した上で中の人と女の子との掛け合いで文章を書く)形式で書いた物。
掛け合いを通して件さんの萌えに関しての考え方がわかって面白い。そして横道に外れると突き放し気味のツッコミを入れてくれるVNIの蛍さんがおかげでバランスが取れてますね。
相当に作りこまれた文章なんだろうなぁ(いや苦心してたのはTwitterで見かけてはいましたが)。
そして最後のオチ。件さんのTwitterを見てるとさらに楽しめる作品です。ちなみに密かにライバル視してました。ゴスゴス。
■関連:個人的感想・スク水自由作品コンテスト各作品(こんぷれいんつ・ぶろぐ(試験運転中))

どー考えてもアウトだろーが!セーフでもセウトでもねーよアウトだろーが!ベースまで歩いてすらいねえレベルでアウトだよ!

俺の作品が超ほめられてました。


エプロンとスクール水着のコンビネーションは反則です
・イラスト nora3dnora3dさん
3Dモデルのスク水少女達を漫画作成ソフトのコミPo!で漫画形式で紹介した作品。
それにしても3Dモデルってああいう風に作れるもんなんだーと関心してしまいましたね。
個人的には予想しなかったスタイルだったのでこれこそ「自由研究」らしい作品の1つでしょうね。
あとこの作品見てやっぱり俺が一番好きなスク水は新型なんだと確信した次第です。


スクみずプラス…?
・テキスト K’s Station HATENA ver.Komaさん
俺としては待望の作品投稿のKomaさん(オフ会で会ったとき「今度は出てくださいよー」みたいなこと言った覚えが)。
Komaさんらしい軽快なノリで今回一番笑った作品。
これはスク水漫談ですね。いやあ俺には書けないスタイルだ。
あと俺は今「No Border」っていう12人が1個のお題をもらってそれぞれ何か書く、っていう企画に参加してるんですが、そこの第2回で「閣下!」って記事書いた時、オチの一行がほぼ一緒だったのがびっくりした。
時期的には閣下!の締切りは自由研究企画の作品発表前で、作品発表後の次の日くらいが公開日だったので。
ある意味件さんの作品の逆パターンでもありますね。堪能しました!
■関連:スク水祭り、その後。(K’s Station HATENA ver.)
全記事の一言感想載ってます!


スク水絵本「スク水姫」
・スクミーズ(イラスト へなぽに香弥さん テキスト karimikarimikarimikarimiさん) 
・コンテスト金賞受賞
コンビで絵本形式の作品です。
服の上からそれを着ようとした時、不自然さに気づき素肌で身にまとうところ、
王女様のお召し物がスク水なのはなぜか?っていう部分のつじつまが合ってるのが素晴らしい。
そしてそのストーリーに合わせてイラストがベストマッチしてますね。
去年、スク水企画終了後にkarimikarimiさん、今回は参加されてないですがマボロシプロダクトsi-noさん、俺で企画を振り返るラジオやったんですが(今年もkarimikarimiさんと近日ラジオを行います。乞うご期待!)、
その時に去年の俺たちの作品監視員の日記を「チームの連携がうまく取れてましたねー」と言われてすごく嬉しかった記憶があるんですが、その言葉を今回のスクミーズに送りたいですね。
「濃紺の筒袋」っていうスク水の概念がまだ定まってないことを示すコトバのチョイスも見事。
イラストは枚数も多いのもありますが相当な手間がかかってるのでは・・・。
そして香弥さんが金賞、銀賞を持っていくという結果になりました、素晴らしい!


スク水統計
・テキスト でいりーひまつぶし牧田翠さん
リンク先にあるPDFファイルが本作品ですが、その前に説明が書いてある記事を読んだほうがわかりやすいのでこちらにリンク。
元々翠さんははエロマンガに使われている表現(行為やジャンルや男女差など)の統計をまとめた同人誌を頒布されてますが(ダウンロード販売もされてるのでぜひ!)、
それをスク水が関わることだけに特化して統計データをまとめたもの。
結果的にスク水は統計取った時期が冬ということもあって少ないですが、
そこに至るまでの手間がとてつもないことは文章読んで充分伝わりますね。
「自由研究」っていう意味では一番自由研究らしい印象でした。


夏の日
・イラスト じぇいそん意匠事務所じぇいそんさん
・コンテスト銀賞受賞
オリジナルでストーリー展開されてる「玖須水学園」のキャラクターが企画に参上ということだそうです。
もうちょっとその辺の設定周りが初見ではわからなかったので説明は欲しかったですが、
すくみうさんはたぶんじぇいそんさんのサイトをずっと見ててわかってたことのようなのでまぁいいですね。そういう部分の補足も全記事感想書きたかった理由の1つなので。ちなみに「玖須水学園」でブログの方に検索かけるといっぱい描かれたイラスト出てきますね。こちらも見るといいんじゃないかと思いました。
銀賞おめでとうございます!


Yes!スク水5+1
・イラスト ひつじの木もうぴいさん
タイトルからしてプリキュアかなぁと思ったら違うようですね(いや俺はフレッシュ、ハートキャッチ、スイートしか見てないから何か元ネタが・・・いや一応Yes!プリュア5のサイトも見ました)。
というのは置いといて、きれいな背景に映えるかわいらしいイラストは見ててグッとくるものがありました。
そしてこれだけの女の子を描くのは大変だったたろうなぁと。


ケロちゃんの夏

・イラスト まりのさん(pixivアカウントリンク)
東方風神録の洩矢諏訪子にスク水というイラストですね。
いやもう何が目に付くといったらねぇ・・・。
いやんすごい割れ目。
確か応募期間過ぎたあとで参加していただいた覚えが(俺が主催者みたいな言い方だな!)。
ひょっとしたらもちょい早めならもっと上の順位行けたのでは?と思える素敵なイラストでした!


すくぅうみうぎさんで
・イラスト  ごちゃまゼごはんmaze*さん
今回の企画のバナーイラストを描いたmaze*さんにも触れなければと思いまして。
本人にコミケでお会いしたときに「今までとタッチを変えた」というような話を、
すくみうさんから「レイヤー数がトンでもなかった」と聞いて相当な力作ですよね。
ていうか香弥さんもそうですがmaze*さんもこの一年での進化すごいですよね。
若いのに素晴しい才能だ。お疲れさまでした!


スク水を使ったえっちな場所に行ってきた
・テキスト 俺
・コンテスト銅賞受賞
銅賞おめでとうございます!
最初の募集記事の抱負語るスペースで、

参加ルールギリギリセーフのスク水の話題と金賞獲得を目指して頑張ります。

ってのは実際の作品見たらアウトじゃねーか!と心のなかでツッコんでいただくためのフラグですね。
そもそもこの記事自体半年くらい前から準備してました。
おかげさまで何度かすくみうさんと会う機会があって会うとまぁやっぱり去年の企画の話になったりするんですね。
で、まだこの企画やるかどうか決めてもいない頃に俺が勝手にやるだろうと想定して、
テキストもイラストもうまく書けないのでこれは実体験のレポしかないなと。絶対にネタが被りようがない確信もあったので。
後半を具体的に書いてないのはあんまり気持よくなかったからですね(言うてしもうた!)。
あとで気づいたことですが最初にエントリーしたおかげですくみうさんのとこからすごいアクセス来ましたねー。内容うんぬんよりまず単純に見る機会が多かった的な、
そういうオコボレ受賞と謙虚に受け止めたいと思います(実際コンビで組んだ作品の方を推していた)。
本当は「スク水風俗に行(イ)ってきた」ってタイトルだったんですが、
エントリ順1発目がドストレートな下ネタはまずいだろこれェ・・・と思い直前でマイルドな感じに仕上げました。
来年作品出すとしたら「スク水を着た女の子とせっくすしてきた」で行きたいので、
それをブログに書かれてもいいという女性はせっくすさせていただけるとウレシイデスネ!!!
←のメールアドレスで一年中募集してますので「コマンドー系ニュース管理人とセックスしたい」という件名でぜひよろちくび!
そしてすくみうさんの講評コメントが探り探りなのがウケる。
あと投票コメントの、

<投票コメント>
☆そのセンス、まあ医学的に言えば・・イっちゃってるね
☆にくてつづきなのでw

上はターミネーター1作目のセリフの改変なのはわかったけど、
2つ目のコメントが「続き」「月」「好き」なのかがわかりませんので職員室まで来いよベネット!
ちなみにコンテストに参加する時はコマンドー的メソッドは一切使わないという自分ルールがあります。
まぁプレデター語録はコマンドーの吹き替えセリフ翻訳した人と一緒だし、ある意味でコマンドー的ではあるけど自分の中ではギリギリセーフ!


ひんぬースク水を超えたものがきょぬースク水
・イラスト 果汁なんとかかんとかかんづめさん
・テキスト @nikutyせかんどnikutetuさん
元々Twitterやサイト巡回してて、
「ひんぬー好きのニュースサイト管理人ときょぬー好きのニュースサイト管理人がお互いの意見で対立してニュースサイト界を二分する戦争になる、いやなれ!」っていう俺の願望というか妄想があって、
それを今回の企画に合わせて「去年チーム組んだかんづめさんとコンビ組めたら楽しいな」というのもあって、
コミケ(8/14)とコミティア(8/21)に本を出されるのを知った上であえて頼んでみてイラスト描いていただくためにある意味でっちあげに近い作品。
ちなみに前述の「No Border」に参加したのは俺がある人をそっちに参加させたいのも理由の1つですが、
このきょぬースク水論を書き上げた直後にNo Borderの執筆者募集があって「俺でもいけるんじゃないか」と思ったのが参加理由の1つでもあるのでそういう意味でも個人的には文章の書き手として1個階段上がれたかなァと思いました。
それにしてもイラストが素敵すぎる!イラストありがとうございましたー!
そして装甲騎兵ボトムズの世界観の如くギルガメスとバララントの陣営のように100年規模で論争が続いてしまうかもしれないが、こちらも譲れない想いがあるため全力で受けて立つ所存であります。

えんそのにおい しみついて むせる
↑は不自然すぎてボツにしたこの作品のオチ部分。


以上全記事感想でしたー。
ちなみに俺とコンビ組んでイラスト描いてくれる方はマジで常時募集してるので、
来年あるかどうかわからなくても勝手にやるだろうと想定して準備したりすると面白いと思ったりしますです。
あとは後夜祭ラジオで(録音予定)!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://nikutetu29.blog52.fc2.com/tb.php/859-d645e81e

 | HOME | 

文字サイズの変更

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

著者紹介

nikutetu

Author:nikutetu
・20代社会人です。
・日記とネットで集めた情報を紹介するブログです。
・抗議はこちらまで↓
nikutetu29muhomuhoベネットgmail.com
無事メールを送りたければベネットを@にしろ、OK?

今日のコマンドー名言

いろいろ


Get your Portable ID!

follow nikutetu at http://twitter.com

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

カテゴリ

最近の記事+コメント

フリーエリア

買い物だ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

月別アーカイブ

フリーエリア

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。