投票
アクセスランキングブログパーツ @nikutyせかんど あの映画もピクサーの脚本の書き方と完全一致する

@nikutyせかんど

 

コマンドー系ニュースサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの映画もピクサーの脚本の書き方と完全一致する

ピクサーの「脚本の書き方講座」が素晴らしかった(Gamers, Be Ambitious)
アニメ制作会社のピクサーが制作したトイ・ストーリー3のブルーレイ版スーパー・セットの特典映像に、
「脚本の書き方講座」というのがあり、

ハリウッドの娯楽映画の多くは「映画の尺の1/4が第1幕(発端)、1/2が第2幕(葛藤)、残りの1/4が第3幕(解決)」という3幕で構成されている。

というのを前提として、
トイ・ストーリー、ファインディング・ニモ、Mr.インクレディブルを例にして脚本家の人が第1幕の作り方を順を追ってわかりやすく紹介しているという記事がありまして。

その脚本の作り方にそった映画をどこかで見たなぁと思いまして、
以下リンク先の引用を交えつつその映画について書いてみたいと思います。

1. 主人公の紹介。および主人公に目的を与える。主人公の好きな物、特徴づけるものを明らかにする。
まず、主人公の
・状況設定
大切なもの
弱点
を決める。

大切なもの」とは、例えば:
・ウッディ(トイ・ストーリー)……アンディ(ウッディの持ち主)
・マーリン(ファインディング・ニモ):家族(妻と子供)
・インクレディブル:スーパーヒーローの地位

メイトリックス(特殊部隊に所属していたが現在は退役して木こりをしている)……ジェニー(メイトリックスの娘) 
 

弱点」とは「大切なものを愛し過ぎ、執着しすぎるとそれが弱みとなる」ということ。
・ウッディ:アンディの「お気に入り」の地位
・マーリン:良い父親であること
・インクレディブル:自分の仕事に誇りを持ちすぎること

メイトリックス:常にジェニーのそばにいてやること(台詞例:メイトリックス「どこへも行かない。お前を置いてはな」ジェニー「ならいいんだ」)
  
 

2.「嵐雲」を起こす。あくまで嵐の兆しであり、災難そのものではない。
・ウッディ:アンディの誕生日(自分たちを脅かす、新しいオモチャがやってくる)
・マーリン:イソギンチャクの外に出ると危険だらけ
・インクレディブル:バディ・パイン(熱狂的ファンの少年)の登場

メイトリックス:特殊部隊時代の上官であったカービィ将軍がやってくる(台詞例:カービィ「静かに素早くか、変わらんな」メイトリックス「あなたに教わったんですよ」)

  

3.「大切なもの」を失う。
・ウッディ:アンディのお気に入りの座をバズ・ライトイヤーに奪われる
・マーリン:ニモ(子供)をダイバーにさらわれる
・インクレディブル:社会的に糾弾され、ヒーローの地位を奪われる

メイトリックス:ジェニーがディアズ達にさらわれる(台詞例:メイトリックス「娘はどこだ?」ディアズ「まぁ落ち付け。銃を突き付けられてはビビって話もできやしねぇ。娘は無事だ大佐、少なくとも今の所はな。この先どうなるかはあんた次第だ。無事取り戻したければ・・・俺たちに協力しろ、OK?」メイトリックス「OK!(ズドーン! 」)


4. 主人公に「屈辱」を与え、世界は不公平だと感じさせる出来事を起こす。
・ウッディ:みんなの前で空を飛ぶバズ。旧式のウッディは恥をかく
・マーリン:(そもそも自然界は不公平な場所だから、屈辱は不要)
・インクレディブル:人助けしたのに犯罪者呼ばわりされ、地味な職業に追いやられる

メイトリックス:黒幕のアリアス元大統領に脅される(台詞例:アリアス「もし裏切っておかしな真似をすれば、娘のバラバラ死体が届くぞ 」)


5. 主人公を「岐路」に立たせ、2幕へ進む。
屈辱を受けた主人公は
a) 健全な道
b) 分別のない、無責任な選択
のどちらかを選択しなければいけないが、a) を選んだらそこで物語は終わってしまうので、必然的にb) を選んで代償を支払う羽目になる。

・ウッディ:a) 引退する b) バズを殺して、ふたたびアンディのお気に入りに復帰する
 →代償:バズを連れ帰るまで家に戻れなくなる
・マーリン:a) 子供を信じてまっとうに育てる b) 過保護に育てる
 →代償:子供がダイバーに連れ去られる
・インクレディブル:a) 一般市民として平凡に生きる b) 妻にウソをついてヒーロー活動を続ける
 →代償:組織に目をつけられ、大きな事件に巻き込まれる
(この5. が、俗にいうところの「プロットポイント」となる)

メイトリックス:a) アリアスに従う b) 捕まった敵からなんとか抜け出し、娘を救いに行く
 →代償:第三次大戦だ
 
このピクサーの脚本の書き方に完全一致する映画は何の映画かはまばたきする間におわかりでしょうが、

  ______  ______ __    __ __   _ _
 |          | |        | |  \ |   | |   |  | || |
 |          | |____    .| |.     | |   | |   |   ̄  ̄ _____
   ̄ ̄ ̄|   | r― 、  /  /  \__| |   | |     ̄ ̄ ̄| |       |
  ___|   | |   \/  /       /   | |          | |       |
 |          | \     ./  | ̄ ̄ ̄  ./ |   | ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |          |   \   \ |     /   |   |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄      ̄ ̄

です。

25年も前の映画にも関わらず正直ここまで構成が似ているとは思っていなかったのですが、
逆にそういう昔のわかりやすいアクションエンターテインメント作品のプロットはピクサーのアニメにも通じるもんがあるのかなと思ったり、ちゃんちゃん。

コマンドー (ディレクターズ・カット) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2010-06-25)
売り上げランキング: 1519


コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://nikutetu29.blog52.fc2.com/tb.php/798-b594624a

 | HOME | 

文字サイズの変更

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

著者紹介

nikutetu

Author:nikutetu
・20代社会人です。
・日記とネットで集めた情報を紹介するブログです。
・抗議はこちらまで↓
nikutetu29muhomuhoベネットgmail.com
無事メールを送りたければベネットを@にしろ、OK?

今日のコマンドー名言

いろいろ


Get your Portable ID!

follow nikutetu at http://twitter.com

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

カテゴリ

最近の記事+コメント

フリーエリア

買い物だ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

月別アーカイブ

フリーエリア

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。